防犯カメラが大衆にまで普及している理由とは!

どんどん性能が高くなっている

防犯カメラは、かなり貴重な物を保管しているようなところに配置するような物であったわけです。しかし、今では様々なところに配備されています。個人宅にすら設置することもあり、これにはいくつかの理由があります。その一つが、安くなっているからです。性能はどんどんよくなっており、そして、値段は安くなっています。そうした理由があって、個人にも普及しているわけです。カメラの値段もそうですが、記録媒体も安くなっています。

ハードディスクを使える

カメラもとてもよくなっていますが、それ以上に記録媒体がよくなっていることが普及した理由でもあります。ハードディスクを使うことができるようになったのが大きいです。動画を記録するのには物凄く大容量が必要になります。ハードディスクの価格の低下は、ここ十年程度で著しく、動画をコンピュータで処理することも楽になっています。その為、防犯カメラにもそれが転用されて、今では気軽に設置できるようになってきたわけです。

抑止力は確かにあるので設置には価値がある

どんなに性能がよくない防犯カメラであろうと抑止力はあります。あえて見えるところに設置するのが、防犯カメラです。録画している、ということを人に見えるようにするのが抑止力として効果があります。手の届くところにあると破壊される場合もありますが、高い位置に設置すれば基本的には大丈夫です。見えつつ、手の届かないところにするのが肝要になります。意外と設置場所に拘ることも重要です。死角を作らないのが基本になります。

防犯カメラを設置することで、犯罪の抑止効果が期待できる他、万が一犯罪が発生した際にも証拠収集に役立つというメリットがあります。

コメントは停止中です。