起業を目指す人がぜひ心がけたい3つの準備

まずは資金を貯めよう

あなたがどのような分野で起業するとしても、ある程度の資金を準備するところから始めてください。この「資金」とは、事業を始めるために必要な資金であり、事業が軌道に乗るまでに必要な生活資金になります。事業開始に必要な資金は事業内容によって差がありますが、生活資金としていくら貯めればいいかは予測がつきやすいといえます。事業の初期段階では十分な利益が上がらない可能性があるので、数ヶ月から1年程度は暮らせるだけのお金を貯めておきましょう。

いきなり多額の借金をするのは控えよう

事業を立ち上げようとすると、多額の資金が必要であると考える人が多いようです。事務所や店舗の賃貸料や、商品を製造するための設備の購入や倉庫の確保などです。ある程度の投資が必要になるのは間違いありませんが、いきなり大きな借金を背負うのはおすすめできません。まずは小規模な事業から始めて、少しずつ拡大させていくのが理想的です。仮に事業がうまくいかなかったとしても、小規模な事業であれば損失が小さく、計画の練り直しができます。

できれば経験者に話を聞こう

うまくいきそうな事業を思いついても、実際にはそう簡単に成功しないのが現実です。挑戦しようとしている事業について、知識や経験が不足していると実感できるなら、同じような事業をしている人に話を聞けるといいでしょう。可能であれば、従業員として働かせてもらうのがおすすめです。実情を知っている人から話を聞き、できれば自分で体験することもできれば、自分の計画がうまくいきそうかどうか判断を深められます。計画を大きく見直すことになったとしても、それは失敗を避けたのですから悪いことではありません。

フランチャイズとは企業に契約金を払い、経営の改善点や問題点をマニュアル・研修などを通して企業の支援を行う契約形態のことです。

コメントは停止中です。