アイディアを活かす!自作電気製品のススメ!

自作電気製品と言えばパソコン!

パソコンと言えば自作のキットものも販売されています。パソコンの部品ひとつひとつを作り出すことは出来ませんが、出来ている精密部品を組み合わせることで、見た目も完成品に劣らないくらい立派なパソコンを自作することも可能です。精密機器を見ると複雑そうな中身の構造も、実は出来上がった部品を組み合わせているだけなので、機械いじりが好きな人にとっては楽しく組み立てられるし、安上がりになるというメリットがあります。

何故、自作電気製品が人気なのか?

電気製品を自作する理由はいろいろあります。機械が好きだからという単純な理由もありますが、既存のモデルに飽きてしまったり、自分のイメージとしている電気製品に巡り合えないからという理由も多いのです。あちこちで探してみたが、自分の考えている製品が見つからないなら、もう自分で作るしかありません。ただ欲しいだけでなく、生活にどうしても必要なものならば、自作するという発想に辿りつくものです。一から全てを作り出すというよりは、現在使用している電気製品に新たな機能を搭載したり、ボタンやスイッチの位置を変えたりすることから始めると良いでしょう。

自作電気製品の具体例!

電気製品の中でも自作しやすい製品と言えば、パソコンの他にも照明器具やDVDプレイヤー、デジカメなども挙げられます。照明器具の自作としては、熱感知センサーを取り付けることで誰もいない時に勝手に消える照明などがあります。電動のドリルドライバーを改造すれば、なかなか落ちにくい頑固な汚れを落とす携帯ポリッシャーなども作れます。流しに水を察知するセンサーを取り付けて、一日にどれくらい水を使用しているかなども調べる製品だって作れますし、興味のある方は是非とも、日常の生活から多くのヒントを得て、自作の電気製品を作ってみてはいかがでしょうか。

プリント基板設計とは、半導体電子が関係していてCADのことも分かるのでその分野に就職することをおすすめします。

コメントは停止中です。