倉庫がある理由は?品切れしないのは倉庫があるから!

倉庫があるから品切れしない!

スーパーや百貨店をはじめとするあらゆるショップには、必ず在庫が揃っています。各店舗の在庫を切らさないためにも、物流倉庫には多くの在庫を保管しておく必要があるのです。そんな物流の倉庫は、意外にも皆さんの身近にあったりもします。通勤電車の窓を眺めていれば、次の駅に着くまでの間にいくつかの倉庫を通り過ぎることでしょう。車の運転中にも広い敷地内に高く積まれたパレットや荷物を運ぶフォークリフトを見る機会もあるはずです。物流倉庫があるおかげで、全国のショップは棚に商品を並べることが出来ると言っても過言ではないでしょう。

倉庫で保管できるものは?

大きな倉庫であれば、大量の大型商品を保管することが出来ます。小さな部品などなら何万個、何万種もの在庫管理が可能なスペースが得られます。あらゆる商品の在庫管理を取り扱うのが倉庫業と言えるのですが、鮮度の高い生ものだけは保管に適しません。物流倉庫で在庫管理可能な品物は、食品なら腐らないものに限ります。例えば長期保存可能な食料品としては、缶詰やお菓子や乾物などが挙げられます。その他には冷凍食品を管理している冷凍倉庫などもあります。

ピッキングとは棚から在庫を抜き出す作業!

皆さんの中には「倉庫内作業」と書かれた求人広告をよく見かけるという人もいるでしょう。しかし倉庫内作業といってもなかなかイメージがわかないという方もまた多くいるはずです。倉庫でのピッキング作業というものを簡単に説明すると、倉庫に保管されている品物を注文のあった数量だけ、出庫する仕事と言えば分かり易いのではないでしょうか。出庫とはユーザーから注文があった品物を出荷するために、管理されている棚から注文品を抜き出す作業のことです。物流倉庫で出庫された品物は、注文したユーザーに届けるためにコースごとに分けられて配送される仕組みになっています。

物流業界は何よりも体力勝負です。一年に二回ある繁忙期を乗り越えられるだけの体力がある人は向いてる職種です。

コメントは停止中です。